Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/acnetwork/apissimo.com/public_html/ksiki/wp-content/themes/jupiter62/framework/includes/minify/src/Minifier.php on line 227
ネオプロポフラボ プロポリス - 生プロポリスの 株式会社アピッシモ 北海道から作りたてのプロポリスをお届けします。

病気を優しくサポート

 

◎ネオ プロポフラボ プロポリスの特徴

静電誘導処理により不純物を完全に取り除き、有効成分を濃縮し分子をミクロ化し吸収性を高めた、新しいタイプのアルコールフリー水溶性プロポリスです。

吸収性がよく即効性があるため病気がちな方や、病中病後の免疫強化にお勧めです。

原料には、ブラジルの高品質プロポリスを使用。フラボノイド、各種ビタミン、有機酸類、酵素類、ミネラル等を含んでいますので、健康維持にもお勧めします。

品質を保持・発揮するため、加熱処理・防腐剤・保存料を一切使用しておりません。

プロポリスとは

プロポリスとは、ミツバチが自分たちの分泌物と、樹液など自然から採取してきた物質を混ぜ合わせて作り上げたものです。
もともとミツバチが自分たちの巣を外敵やウイルスから守るために作るプロポリス。
そのため天然の抗菌物質とも言える効能を持っており、人間が作ることができないため、採取できる量が限られ、希少なものは非常に高価になっています。

プロポリスの効能

プロポリスの効能は実にさまざまなものがあります。最近もっとも注目されているのが抗酸化作用です。
美肌、あるいはアンチエイジングなどの分野で注目を集めている抗酸化作用。
肌の老化の原因となる活性酸素を抑制する効果があるのです。
これはプロポリスに含まれるフラボノイドが大きな役割を果たしています。
さらにフラボノイドには抗ストレス作用や、殺菌作用などもあります。
ガン細胞の増殖を抑制する抗腫瘍効果や、炎症を防ぐ抗炎症作用、あるいは整腸作用やアトピー対策、ひいては育毛効果なども指摘されており、人々の健康において高い関心が集まっています。

プロポリスの研究

日本のプロポリスの歴史は1985年からですが、日本にも1997年に「プロポリス研究者協会」が作られました。
その研究は広範囲にわたっており、「植物学」「ミツバチ科学」「生科学」「医薬学とその臨床」など、いろいろな分野で研究が進んでいます。

研究報告されているもの

・抗菌作用
・抗ウイルス作用
・抗酸化作用
・抗炎症作用
・抗腫瘍に対する作用
・抗アレルギー作用
・血糖降下作用
・糖尿病前段階でインスリン抵抗性の改善
・脂質代謝作用
・風邪症状の軽減作用
・オーバートレーニング症候群の予防

◎静電誘導とは

接触していない外部の電気の作用によって、液体中の分子に回転振動を与え、分子集団の離合分散を促進させ、水に機能を与える技術です。
不純物を除去し、成分の純度を高め、吸収性も高めます。

ブラジル産プロポリス/静電誘導水

30cc5cc×6本)

健康補助食品として11cc3cc15摘~45摘)程を目安に水、ジュース等にいれてお召し上がりください。